登山用のおすすめ人気バックパック7選!

アウトドアでとても人気の登山ですが、登山用バックパックは本当に沢山の種類がありますよね。

色々ありすぎて何を基準に選んだら良いのか分からない!という方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな登山用の人気メンズバックパックを7つ後紹介。

レベルや容量、デザインなど、お好きな観点で選んでみてください。

登山用バックパックで失敗しないための選び方

登山用バックパックは、普通のバックパックよりお値段も張りますから、失敗しても買い直しづらいところが不安ですよね。

中級者以上の方は、まずは自分に最低限必要な機能をリストアップして、そのキーワードを各ストアで検索してみると良いかもしれません。

初心者の方はあまり色々な機能がついていても使いこなしづらいと思いますので、まずはシンプルな機能で軽量なものを選ぶと良いでしょう。

山のレベルに合った容量を選択

登山用バッグと言っても、上る山によって必要な容量は変わってきます。

自分が挑戦したい山のレベルに合わせて容量を選ぶことが重要です。
中にはベルトで容量を調節できるバックパックもありますから、初心者さんにはそのようなモデルもおすすめです。

ウエストベルト・チェストベルトが付いていることは絶対条件

「ちょっとそこまで」のデイパックとは異なり、たくさんの荷物を長時間運ぶことが予想される登山。

より身体との一体感を高めるためには、ウエスト・チェストベルトは必須です。

タウンユースとの併用は難しくなりますが、長時間の山歩きに耐えるには専用のものを選びましょう。

サイドポケットやウエストポケットがあると使いやすさUP

ウエストポーチの様にサイドやウエストにポケットがあるととても便利です。

いちいちバックパックを下ろさずとも出し入れしたい小物や、視界の範囲に入れておきたい貴重品を入れるのにピッタリです。

雨蓋があるか?収納ポケットとしても活躍

雨蓋というのは、登山用バックパックの上部に大抵ついているアレです。
メイン収納の出し入れをする際に、雨が入らないよう”屋根”のような役割をしてくれる部分ですね。

雨蓋にはすぐ取り出しやすい物を入れておくと便利です。
何でもかんでもとりあえず雨蓋に入れてパンパンになっていると見栄えが悪い&重心が変わるので注意しましょう。

自分の体(背面長)に合っているかフィット感を確認

出典:https://item.rakuten.co.jp/

どんなに口コミの良い商品でも、自分の身体に合っていないと意味がありません。
背面長をきちんと計って、ピッタリ合うものを選びましょう。

こちらのサイトで背面長の測り方が紹介されています。

機能的でおすすめの登山用バックパック7選

Coleman(コールマン)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

コールマンの、身体へのフィット感を計算して作られた【TREKKING/トレッキング】シリーズ(容量33L)

上部だけでなくフロントのファスナーからもメイン収納にアクセスすることができ、荷物の出し入れが容易な点が魅力です。
レインカバーや反射板など、山歩きに嬉しい機能もたくさん。

シンプルなデザインで、どんなコーディネートにも馴染みます。

deuter(ドイター)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

登山にピッタリのドイターのトレイル(容量30L)

コチラのバックパックの特徴は背負いやすさと通気性。

荷物の重さが常に背中に近くにかかり体の重心に近いところに来るよう設計されており、安定性とコントロールを維持します。

また、ポンプ効果により空気が背中の換気のためにクッションを通して循環し、発汗減少効果もあるという優れもの。

快適に登山を楽しみたい方にピッタリのバックパックです。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

日帰りから小屋泊まで対応するノースフェイスのテルス35(容量36L)

人気のテルスシリーズの最新モデルは、生地強度を高めながら軽量化を実現し、細部を見直しアップデート。

雨蓋の容量を大きく変更し、フロントにレインカバー収納用ポケットを配備。通気性を持つバックパネルに、荷重を身体に近づけるスタビライザー連動のヒップハーネスを採用しています。

レインカバーが本体と同色なのは意外と珍しいポイント。細部まで抜かりないデザインがおしゃれな登山好きの方にピッタリです。

Columbia(コロンビア)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

コロンビアからは容量大きめの55Lのバックパック。

中身がひとめで分かるロールトップ開口部や、弾力性のある背面フォーム、クッション性・通気性に優れているショルダーハーネスは、長時間背負っていてもストレスをあまり感じません

撥水加工で荷物を出し入れしやすい大きく開くU字型のアクセスファスナー付き。ハイドレーションにも対応しています。

つるんとしたシンプルなデザインは都会的な印象。スマートに登山を楽しみたい方におすすめです。

Patagonia(パタゴニア)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

パタゴニアからは、山岳部やバックパッカーに特に人気のアコンカグア(容量75L)

とにかくたくさん入れたい!という方にピッタリ

雨蓋は雨蓋を引き上げて容量を増やしたり、取り外してヒップバッグとして使用することも可能。

ピッケルホルダー、ポールキャリアー・ループ、ハイドレーション用ボトルポケット、チューブホールも付属しており、中級者以上にも満足できるバックパックです。

GREGORY(グレゴリー)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

グレゴリーのズール40は、デイパックより大きく、温暖な時期の1泊や冬季の終日活動に最適です。(容量38L、40L)

軽量で、各種ポケットや持ち易いジッパー金具など荷物の出し入れがし易い点が特徴。
2つのジッパー式ヒップベルトポケットがついており、ウエストポーチの様に小物を収納できる点も魅力です。

荷物を出し入れする機会が多い方におすすめのバックパックです。

MILLET(ミレー)

出典:https://item.rakuten.co.jp/

日帰り登山にちょうどいいミレーのバックパック、サースフェー(容量30+5L)

ミレーの特徴はなんといってもデザインの良さ。惜しい!という部分が無い絶妙な全体のバランスが品のよさを醸し出します。

もちろん基本的な登山バックパックの機能は十分に備えているので、「形から入りたい!」というおしゃれな登山ビギナーさんにも安心して使える信頼できる一品です。