機内持ち込みできるキャリーバッグのサイズと重さ

旅行の定番となったキャリーバッグ。一つあると、とても便利ですでにお持ちの方も多いのでは?
キャリーバッグと言ってもサイズは小さいものから大きなものまで多種多様。

機内持ち込みの出来るサイズなら、飛行機から荷物待ちをせずスムーズに移動ができます。
今回は機内持ち込みの出来るキャリーバッグのサイズを徹底解説!

メンズなら機内持ち込みサイズであればヒョイっと荷物の持ち運びが出来てとても便利なサイズです。

出張などでキャリーバッグを使うことがある方などは特に、機内持ち込みの出来るキャリーバッグのサイズを押さえてかっこよくキャリーバッグを使ってみてはいかがでしょうか?

機内持ち込み可能なキャリーバッグのサイズは?

キャリーバッグなど大きな荷物を機内持ち込みする際に気になるのが機内持ち込み可能なサイズです。

全ての航空会社や航空機、国内線、国際線などで同じサイズのものが持ち込めるわけではないので注意が必要です。

国内線においても、席数に応じて持ち込み出来るサイズが異なってきます。
自分が良く利用する路線などにより機内持ち込みの出来るキャリーバッグのサイズも多少変わってくるので、ここを踏まえてキャリーバッグを選ぶと良いですね!

国内線(100席未満の航空機)

高さ45×幅35×奥行20cm以内、3辺の合計100cm

国内線でも持ち込み出来るキャリーバッグのサイズが違うといことはご存知でしたか!?

航空機や路線により小さな飛行機もあるため、100席未満と100席以上で持ち込みの出来るバッグのサイズの規定が違うのです!

100席未満と100席以上では3辺の大きさで比べると約15㎝違ってくるのでもし、座席数の少ない路線を利用する機会が多い方は購入する際には注意が必要ですね!

そしてプラスして気をつけたいのが、持ち手の部分までをこのサイズに含むのでそこもポイントに選ぶと良いでしょう。

持ち手を含まずにバッグを選んでしまい機内持ち込みができなかったという話も聞くので、持ち手を含んだ高さのものを選ぶと失敗はありません!

国内線(100席以上の航空機)、国際線

高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm

国内線でも持ち込み出来る荷物のサイズが違うとお話をしました。
100席以上の航空機の場合は100席未満の航空機と比べて全体に15㎝ほど大きな荷物を機内へ持ち込むことができます。(キャリーバッグのハンドル部分を含む)

15㎝はさほど違いがないかと思うかもしれませんが、高さで比べると10㎝の違いになります。
普段から座席数の多い飛行機を利用されている方は問題なくこちらのサイズを選ぶと良いですし、稀に座席数の少ない飛行機を利用する機会がある場合は手荷物に預ければ問題ありません。

普段から100席以上の航空機を使う機会が多い方は15㎝大きいこのサイズを持っているととても便利にキャリーバッグを使うことが出来ます。

国際線

3辺の合計115cm 各辺の制限なし

国際線の機内持ち込みですが、国内線の100席以上の航空機と3辺は一緒の115㎝になります。
国内線との違いは各辺の制限がないというところだけです。

ただ、国内線も国際線もよく利用される方でしたら国内線でも利用出来るものを一つ持っていると便利です。
どちらの線を利用する際にも規制がかからないので汎用性がありますね。

JETSTAR、春秋航空

高さ56×幅36×奥行23cm以内、3辺の合計115cm

最近多いJETSTARや春秋航空などのLCC(ローコストキャリア)の航空会社などはまたサイズの規定が違ってきます。

三辺の長さの合計は変わりませんが、それぞれの辺の長さに違いがあるのでこちらもお気をつけください!

LDDは無駄を省いている分、サイズがはみ出してしまった荷物に対してなどの課金がありますのでご利用する際はキャリーバッグなどのサイズを再度確認することをお勧めします。

LCC各社をよく利用される方ですとこのサイズを購入しても問題はありませんが、大手航空会社も利用する機会がある方は、それぞれの航空会社の機内持ち込みサイズを確認して一番使いやすいサイズのキャリーバッグを選ぶと便利にお使い頂けると思います。

機内持ち込み可能な手荷物の重さは各航空会社で幅がある

国内線は7kg~10 kg

ここまでは機内持ち込みのサイズについてでしたが、重さもここに関係してきます。
そしてここでも航空会社によっても重量が変わってきますのでお乗りになる航空会社の規定をあらかじめ調べておくことをお勧めします。

JAL、ANAなどの航空会社は身の回り品を含んだ機内持ち込み品の重量を10㎏としていますし、LCC航空のVanilla Airでは身の回り品を含んだ機内持ち込み品の重量を7㎏としています。

各航空会社でも幅がありますので、ご利用する際には事前にお調べすることをお勧めします。

JAL

ANA

Vanilla Air

国際線は7kg~20 kg

国内線でも荷物の重量制限に幅がありましたが、なんと国際線においては7㎏〜20㎏とかなり大きな幅が!!

こちらはかなりの幅が航空会社によってあるので、必ず調べてから利用されることを強くお勧めします!

国際線となると国内線よりもさらに多くの航空会社がありますので、ご旅行の前に事前に利用される航空会社の機内持ち込み品の重量制限について調べてスムーズに機内への荷物持ち込みをしてください。

最新情報をチェックしよう!